本文へ移動

ブログ

校長先生からのメッセージ 9月

2018-09-25
カテゴリ:校長先生からのメッセージ

今年もガイナックス・シアターで行われたスピーチ・パーティーは90名余りの参加生徒、150名余りのご父兄のご来場で総勢約250名近くの大イベントとなりました。会場では小川夫妻の協力で編集された「世界旅行記」のDVDを流していました。ご夫妻の合計年齢は170歳以上になられるのに、今までご夫妻で訪れられた国々の数は120ヵ国以上になられます。ご病気を押して、ご夫婦で助け合いながら世界を訪問される姿に驚かされます。ご夫婦で米子東高に設立された「小川留学基金」を活用して,当校の生徒もアメリカに短期留学をしました。機会があればタイムライフもこの基金に参加したいと考えています。話が飛んでしまいましたが、生徒たちのスピーチをお聞きになり、いかに生徒のレベルがupして来ているか、お気付きになった事と思います。今回のスピーチでは特に生徒の「発音と動作」に気を付ける様に指導しました。毎回の事ですが、このイベントの為にスタッフが一丸となり、毎日遅くまでスピーチの評価、準備等をしてくれました。感謝です!!

当校は開校してから38年の歴史があります。当校で英語を勉強して、巣立って行った生徒は本当に沢山います。多くの元生後が海外で、又国内で活躍しています。ユニークな生徒の一人に「自転車野郎」加藤彰君がいます。彼は自転車で世界中を旅行した経験の持ち主です。現在は鹿児島県で「地域活性化活動」を盛り上げる活動員として雇われています。今でもFacebookで交信をしていますが、とても明るい顔をしています。当校の生徒だった時は、とても頑固な男でした。でも私のレッスンに文句一つ言わないでついて来てくれました。印象に残る生徒の一人です。もう一人は現在、英会話タイムライフ/アメリカ支店を任せている、野間かおりさんです。アメリカに関する留学、ホームスティー、教材、旅行等を彼女に委任しています。その上、当校のオブザーバーです。彼女に紹介された当校男性アメリカ人講師アレキサンダー先生は彼女が住んでいる、アラバマ州モバイル市から来ました。イギリスには同じ様な方で三浦順子さんと青戸柳子さんがおられますし、ハワイ州には左近加奈子さんがいます。

先日、私のスマホを新しくする為にドコモを訪れた時、私は店の方から先生と声をかけられました。振り返ると元当校の生徒のお母さんでした。重宝に頭を下げられて、娘がタイムライフで高校生までお世話になりましたと感謝されました。話を聞くと、現在彼女は大学の4年生で、来年の就職先にCA(旅客機乗務員)に合格されたそうです。それも3社の会社です。全日空、日本航空&シンガポール航空だそうです。彼女はANAを選んだそうです。自慢をする訳ではありませんが、当校で小さい時から中・高校まで英語を学んだ生徒は学校で英語に関して上位の成績を取得しています。これからこの流れは加速すると思います。何故ならこれから行われる文科省の大きな英語改革で、「話す」「書く」に重きポイントが置かれるからです。          

株式会社タイムライフ
〒683-0053
鳥取県米子市明治町311
TEL.0859-34-7969
FAX.0859-34-9098
TOPへ戻る