本文へ移動

ブログ

1月のメッセージ

2017-01-27
カテゴリ:校長先生からのメッセージ
2017年(平成29年)、私の干支である酉年もスタートしました。タイムライフも開校して37年目を迎えます。最初は一人でスタートしたタイムライフも、今では優秀なスタッフとパートの先生方で運営されています。大きな事を言う様ですが、これからの日本を考えた時、タイムライフで出来る事は子供たちにしっかりとした「世界語」である英語を身に付けさせることだと思います。今まで当校は有名な高校・大学に多くの生徒を入学させる事を大きな目標とし、今まで築いてきた素晴らしい実績は大いに誇りに出来ます。それを示す証拠として、タイムライフで勉強された元生徒様のお子様、お孫様がたくさん現在も当校で勉強されています。ですから私を信頼して預けて頂いた子供たちにしっかりとした「世界語」である英語の力を身に付ける責務を強く感じています。先日、突然に当校の元生徒で、アメリカの大学を卒業し、現在アメリカに在住している方から電話がありました。私が地元のDarazFMに出演している放送を、インターネットを通してシカゴで聞き、懐かしくて電話をかけてくれたと話していました。今はシカゴにある、日本の大手企業で働いているようです。嬉しい事に今では多くの元生徒が世界のいたるところで活躍し、又は在住しています。
アメリカの大統領に予想を覆(くつがえ)してMr. Donald Trump氏が選ばれました。彼のこれからの行動に世界中が戦々恐々としています。彼の考え方は自国が豊かになる事を念頭に置き、世界が一つになる「グローバリゼイション」の流れを変えようとしています。これから日本に大きな課題を投げかけてくると思います。今までアメリカ一辺倒であった日本の考え方を、これからは世界に真剣に目を向ける方向に変化させて行かなければ、日本の将来は危機的状態に落ちって行くと思います。その全てを背負っていくのは今の子供たちです。ですから私は「生徒」に強い責任を感じています。授業中、いつも「君たちは“負の遺産”を沢山抱えているので、将来を生き抜く為に真剣に勉強に取り組むことがとても大切だと伝えています。
文科省は大学入試センター試験に代わり、2020年度から「大学入学希望者学力評価テスト」を導入する方針です。知識偏重とされてきた現行の試験を改め、「思考力や判断力、表現力」を評価する試験に急速に舵を切っていきます。でも既に先行して積極的に英語に取り組んでいる小学校とそうでない小学校との差は確実に出てきている状況です。全面実施に向けてこうした差を埋めるには、教員の方々が前向きに取組む事がとても大切だと思います。先日、生徒様のご父兄で、小学校の教員をされている方が英会話を始められました。とてもお忙しい中、英会話を始められるので当校としては出来るだけ協力をして行きたいと思います。この様な教育下で育てられた生徒は高校生を終わるまでに間違いなく英会話は話せる様になります。

こどもニュース 平成29年1月
株式会社タイムライフ
〒683-0053
鳥取県米子市明治町311
TEL.0859-34-7969
FAX.0859-34-9098
TOPへ戻る