本文へ移動

ブログ

6月のメッセージ

2017-06-24
カテゴリ:校長先生からのメッセージ
4月、5月の慌ただしい日々も過ぎて、子供たちは元気に英会話のレッスンに励んでいます。幸運な事に、英語を勉強したい生徒がタイムライフに来ます。でも中には親に無理やりレッスンを始めるように言われた生徒もいますが・・・。ですからこの生徒の気持ちを伸ばして行く大切な使命が私たちにはあります。当校のクラスは小人数制ですので、一人一人の生徒の待っている力量にあったレッスンを準備して、毎週、毎週生徒が興味を持ち続ける様に注意を払い、最大限に生徒の力を伸ばして行く責任が私たちにはあります。「英語を楽しく身に付ける」(50分/週一回)とこの50分クラスで満足出来ない生徒を一段と高いレベルに引き上げて行く「小学生国際コース」(2時間/週一回)があります。長い間この二つのクラスだけでしたが、今年の4月から「スーパー小学生国際コース」(90分/週一回)を新設しました。このコースでは日本語を一切話しません。すべての英語が吸収されて、身に付いてくれば日常英会話程度は話せるようになると思います。このクラスに通うには条件があります。元2時間クラスの生徒である事と事前に面接と英会話のテストを行います。現在、このクラスは一つだけですが、将来的にはクラス数を増やしていきたいと思います。
先日行われた、「あべこべ参観日」(こどもが親の受けているレッスンを見学する)に6名のご父兄に参加していただきました。有難う御座いました。50分間のクラスの長さでしたが、とても一人一人の生徒様(?)は驚く程理解力が良く、ドラガナ先生も驚かれていました。親が答えられない時には、見学しているこどもがそっと親に答えを教えていました。その時に私が強く感じた事は、とても英語の実力が付いている当校の生徒には驚かされると同時にとても嬉しく思いました。
今の小学4年生が中学生になった時、生徒の「話す」、「書く」を学校の英語の先生が評価されるようになると思います。日本人の英語のレベルは世界的に評価して、最下位に属します。これからの日本は日本国内だけの事を考えていても、生き残れないと思います。最近の日本企業の元気のなさはこの語学力の低さに起因すると私は思います。例えば東芝、タカタ(車のエアー・バッグ)などの企業においては外国との交渉の仕方/方法のまずさが原因していると思います。
当校で6月23日(金)&24日(土)に「英検ジュニア」が実施されます。31名の生徒がテストにチャレンジします。3段階のレベルに分かれています。「ゴールド」、「シルバー」、「ブロンズ」です。最高レベルのゴールドは英検5級(中学一年生程度)と同等なレベルです。私は結果より生徒の英語に対するモーティベイションup及びチャレンジ精神と位置付けています。生徒は習っている英語を何かの形で試してみたいと思っています。秋にも同じテストの実施を考えています。是非、全員が受験される事を期待します。
これから「七夕祭り」、一大イベントである「スピーチ・コンテスト」が行われます。それに向けてこれから準備に入ります。お子様にクラスで何が行われたか、その都度お尋ね下さい。
こどもニュース 平成29年6月
株式会社タイムライフ
〒683-0053
鳥取県米子市明治町311
TEL.0859-34-7969
FAX.0859-34-9098
TOPへ戻る