本文へ移動
外国人講師と日本人講師のパラレルティーチングで英語の4技能
話す・聞く・読む・書くをバランス良く学習!
振り替えレッスンで通いやすい! 
一般英会話コース
楽しく笑いながら、英語を学習しませんか?
小学生国際コース
日本人講師からは読み書きを、外国人講師からは話す聞くを!
使える英語マスター!
ご自分のレベルに合ったクラスで通いやすい! 
一般英会話コース
同じ目的を持った仲間と楽しく英語を学習しませんか?
楽しみながら自然英語が学べます!!
40年の歴史と実績がある本校では、目的に応じた色々なクラスを準備しています。おじいちゃんとお孫さんが通う、親子で通うなどお客様に合ったコースが見つかります!
 

新着情報とお知らせ

英語の重要性
2019-06-11
Hello!!
 
アジサイのつぼみが開きはじめましたね。春から夏へと寒暖差が激しく疲れやすい時期ですので、健康管理には十分気を付けたいですね。梅雨もそろそろ明けてくれるとありがたいのですが。
 
さて今日は新英語教育について触れたいと思います。
今までの学習要領から2020年からはアクティブラーニングと言われている程、学ぶに向かう力、人間性を育成しながら英語の基礎力をつけていくみたいです。
もちろん、知識や技能を習得するだけでなく、思考力、判断力、表現力を育む必要性があるみたいです。
 
小学校3年生からは“I like ~.” “I don't like ~.” “Do you like ~?”といった表現を使って「好きな色、食べ物、スポーツなどを英語で尋ねたり伝えたりできるようになる」ことを目的にしています。「Iが主語で、likeが動詞で・・・」
と説明したり、最初から黒板に文字で単語を示したりはしません。あくまでも “I like” の後に「自分の好きなもの」、“I don't like”の後に「好きではないもの」を続けるという「表現の固まり」で慣れ親しませます。
 
また5年生では、既習表現の“What do you want?”とうまく組み
合わせ、かつ高学年では「書くこと」の領域も扱うため、「友だちにバースデーカードを書いて贈る」活動が設定されています。
このように単に表現や語句を機械的に練習するだけではなく、
これまでに学んだことを繰り返し活用しながら英語を使用するための目的、場面、状況がしっかりと設定されています。学校や現場であっても、実際に言語が使用される場面を通して学ぶということにつながります。今度の日曜日は父の日なので、思い切ってWhat do you want for father’s day?と聞いてみてもよいかもしれないですね!(^^)!
 
タイムライフでは外国人講師とバイリンガル日本人講師の両方がいますので、受験対策、文法、英検対策は日本人講師から、また、外国人講師からは今後社会では必ず必要となる英語でのコミュニケーションを学ぶことができます。英語に興味がある方はお気軽にタイムライフにご連絡くださいね(‘◇’)ゞ
 
それでは、また
See you--!!
 
 
株式会社タイムライフ
〒683-0053
鳥取県米子市明治町311
TEL.0859-34-7969
FAX.0859-34-9098
TOPへ戻る